2007.12.07 Friday

スキマーを製作する パート5

0
    なんとかパート5でまとめる事ができるみたいです。

    はい、製作も最終段階になり、試運転を試みた訳なんですよ。

    仕事が終ってですね帰宅後、なるべく汚いぼぶぉ水(水槽水)を拝借し、







    スイッチオン!

















    予想通りと申しまししょうか、素晴らしくオーバースキミングで御座います!

    いやオーバースキミングというより、垂れ流し状態・・・。

    「空気供給を調整」とかいう話では御座いませんです・・・。

    ここからまた、色々といじくって、調整を致しました。

    そしてなんとかスキマーと呼べる状態になりました。

    そんな調整したスキマーをまた分解しまして、強引にサンプ槽の中で組み立てまして、いよいよ作動させました。

    こちら。


    程よい泡が良い感じで上がっているのですけどね。
    写真では解らんですよね・・・。


    ということで!動画を撮ってみました!!
    わ〜いヽ(´ー`ヽ)(ノ´ー`)ノわ〜い

    自己満足状態ですが、お付き合い下さり、再生ボタンを押してみてください。

    あ、顔を横に向けて頂くとありがたく思います。( ゜д゜)

    ではどうぞ。



    これでも解りにくいですね・・・。

    まあ、とにかく、完成って事に致します!
    ご協力くださった皆様、ありがとう御座いました。


    そんなスキマーを設置した水槽で一晩越したのですが、
    ぼぶぉ達は変わった気配を感じさせませんです。

    そんなもんでしょうね。

    今朝ですが、ぼぶぉ達の動画も撮ってみました。
    エサを食べ(させ)る所です。
    ほとんどこういう感じで食べ(させ)らっしゃいます。

    動画説明:
    ・再生後、10秒ぐらいでメガバイトを投入致します。
    ・20秒ぐらいのあたりで冷凍赤虫を投入致します。
    ・約4分もあるので、ご注意下さい。
    ・音を出しても何も無いのでご安心下さい。
    ・途中でスキマーを撮ったりしてます・・・。
    ・ぼぶぉは赤虫しか食べないってのが良く解ります。
    ・あ、最後の方で、ぼぶぉにも食べさせますので安心下さい。

    ではどうぞ。




    以上、スキマー製作はおしまいにしますね。
    不具合が出た場合は日記に残そうと思いますけど。


    おしまい


    ▼ポチっとお願いしますm(__)m
      
    2007.12.06 Thursday

    スキマーを製作する パート4

    0
      ぼぶぉ達も元気です。

      たぶんスキマーを作らなくても・・・汗

      今現在の水槽風景です。

      汚いでしょ・・・。(特にフローパイプあたりが)

      スキマー製作に時間を頂いておりますので、
      掃除も何もしておりません・・・。

      もうちょっと待て。

      --------------------

      さて、

      何やら色々と失敗をしたりもしてましたが、自作なスキマーも、

      完成を致しました!(たぶん)

      わ〜いヽ(´Д`)人(´Д`)人(´Д`)人(´Д`)ノわ〜い

      順に書いて参りますね。

      いや、コレガ無いと完成しない部品なのですが、2日待って届きました。
      こちら。

      H&Sプロスキ用のポンプとその部品達です。

      850L用のポンプです。
      ある意味、凄い馬力なのでしょう。期待♪

      このポンプを、↓コレに引っ付けたりするわけですね。


      どこに穴を開けようか、5分ぐらい悩みましたが、
      こんな感じで穴を開けました。

      パイプの中を上から撮った写真になります。
      右上から入っているパイプがポンプから供給される管になります。
      微妙に斜めなんですよ。解りますかね?
      これはサンプ槽の大きさやポンプの設置場所など考える訳なんですが、
      実際どこにでも付けれるって感じです。自作ならでわで御座います。

      ちょっと解らないかもしれませんが、解らない方は、コメントででも質問ください。

      とにかく全部合体したのがこの写真になります。


      あ、スキミングカップを作り直しました。
      600って書いてあるのが気に入りました。

      ダサいと思われる方もいるかもですね・・・。

      コレは好みです。自作だからできる好みなんです。


      ということで、完成をしたわけなんですが、
      作り直したカップを接着した、シリコンが乾いてないと思われますので、
      もう一日置いておこうと思います。


      テスト運転ですが、今晩でもやってみようかと思ってます。
      これで。

      サンプ槽に入れたイメージもこんな感じですが、
      この「物入れ用サブ水槽」で水換えした汚いぼぶぉ水を頂いて、
      運転してみようと思っております。


      電源を入れた瞬間、バクハツしないかなって心配もしております・・・(;´д`)ゞ



      パート5に続く(と思う)


      ▼ポチっとお願いしますm(__)m
        
      2007.12.04 Tuesday

      スキマーを製作する パート3

      0
        さて早速ですが、叱られそうなのでアップ致します。

        それらの道具や材料を使い作業を致します。


        とりあえずスキミングカップを作りますね。

        適当なサイズのプラスチック容器でOKみたいです。
        最初は我が家に有った、「メンボーがたくさん入っている容器」で作ろうと思いましたが、
        ちょっとかっこ良くないので、もうちょっと良さそうな容器を、100均で買いました。

        そんな容器の底部を、電動ドリルとホールソーで穴開けします。
        そこに適当なパイプを突っ込みますが、穴の大きさは、そのパイプの径に合わせて穴あけを致します。
        こんな感じ。


        試行錯誤してましたらキズだらけになってしまいましたが、
        開けた穴に、パイプを入れます。
        そのパイプなのですが、材料に悩みました。
        筒状の物が売ってないのですよね・・・。
        なので、コスメスプレー容器を加工致しまして、
        筒状にし、それを使う事に致しました。

        って、説明が難しい・・・。
        めんどくさいので写真を見てください。
        こちら。

        キズだらけでしょ・・・。
        カップにと、縦長のプラ容器を使いましたが、
        もうちょっと平たい容器の方が良いように思いますので、作り直します。

        まあイメージ的にはこんな感じに仕上げます。

        加工したパイプ状になった筒を入れまして、どこかで見たようなスキマーに似てきた事を確認致します。

        カップ右から変なパイプが出ておりますが、汚水を抜くための物です。

        次に100φ→50φ継ぎ手にはめるのですが、パイプ状の筒のままでは上手く接続できないので、
        パイプと継ぎ手の間に、ドレッシングを作るシェーカーなるものが使えそうだったので、
        それを加工して良い形にした物をかませまして、
        いろんな接着させる物を使い、漏れないように加工致します。

        これでスキミングカップ(上部)の製作は完了です。
        接着剤、特にシリコンが乾燥しにくいので、先に作りました。


        ------------------------------------------------


        次に下(土台?泡をブクブクさせる所)を作ります。

        まずは、20φのパイプを貫通させる穴を開けます。
        こんな感じ。

        これは排水用に使う通り道になりますが、
        この穴に20φの加工(排水させるための穴を開けた)パイプを貫通させます。

        そして、パイプとT型L型継ぎ手を利用し、どこかでみたような形に仕上げます。

        とにかくこんな感じ。



        上と下を合体させたらこんな感じ。

        いや、イメージです。
        イメージはこんな感じなんです。

        いくら頑張ってもここまで製作するのに2日掛かります。
        シリコンが乾かないので・・・汗


        パート4に続く(予定)


        ▼ポチっとお願いしますm(__)m
          
        2007.12.04 Tuesday

        スキマーを製作する パート2

        0

          パート2は材料などの紹介です。

          日曜日に材料を仕入れに行きました。

          こんな感じ。


          左(の方から)
          100φ塩ビ管×1(HS(ホームセンター))
          20φ塩ビ管×1(HS)
          16φ塩ビ管×1(HS)
          13φ塩ビ管(家に有った)
          切断用ノコギリ小×1(100均)
          空気送ビニールパイプ&調節タップ(家に有った)
          小物入れ?カップ程よいサイズ×1(100均)
          ドレッシングシェーカー小×1(100均)
          コスメ容器×1(100均)
          シールテープ(家に有った)
          穴空け用ドリル刃各種(100均)
          100φ→50φの継ぎ手×1(HS)
          100φキャップ×1(HS)
          20φキャップ×1(HS(平たい方に買い替え予定))
          16φボールバルブ×1(HS(たぶん使う予定))
          20φL型×2(HS)
          20φT型×1(HS)
          20φ→16φ継ぎ手×1(HS)
          -----------
          写真には写ってないけど、
          塩ビ接着剤エスロン×1(家に有った)
          電動ドリル×1(家に有る)
          穴あけドリル刃(家に有った)
          シリコン×1(家に有った)
          メジャー×1(家に有る)
          ちっちゃいホース×1(家に有る)

          使った(使っている)道具はたぶん、コレで全部だと思います。
          これで母体を作ります。

          良い感じに作ったらポンプ(モーター?)を接続稼働させます。

          用意する材料&イメージはそんな感じです。

          パート3に続く(と思う)



          ▼ポチっとお願いしますm(__)m
            
          2007.12.03 Monday

          スキマーを製作する パート1

          0
            お題の通りです。

            1つ前の日記の「サンプにスキマー設置 パート1」を改め、
            「スキマーを製作する パート1」って事に致します。
            (どっちでも良いけど。)


            とにかく自分で作る(自作する)事に致しました!

            アドバイスをくださった先輩方に感謝しております。



            気になる予算は2万円ぐらいで作れそうですが、

            強力過ぎて、オーバースキミングな可能性が大です。

            強力過ぎて、バクハツしないかと心配もしていたりします。

            ちょっと大袈裟。

            ハハハ


            現在、手に入らない材料などがありまして、ネットで仕入れております。

            100均やホームセンターなどで仕入れた材料を使い、作れる所は作ってます。




            楽しくて仕方がありません!



            パート2から詳細を書き残そうと思っております。

            失敗したら、日記は見なかった事にして下さいませ。



            ▼ポチっとお願いしますm(__)m
              
            Calendar
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << October 2017 >>
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Recent Trackback
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM